吉泉園 玉露蕎麦

【販売者】 株式会社吉泉園(福岡県八女市)
【製造者】 昭和製麺株式会社(山形県天童市)
【特徴】 奥八女・黒木の玉露園にて本わら掛けづくりで育てられた本玉露を、
そばの旨みが最大限引出せる一番粉に練り込み、長時間熟成させて丁寧に仕上げた。
【購入価格(税別)】 600円(375g入、1,600円/kg)
【原材料】 小麦粉(国内製造)、そば粉(16%)、玉露、食塩、加工でん粉
【茹で時間】 3分
【管理人のコメント】 吉泉園(よしいずみえん)はお茶の本場・福岡八女の地で130年前に創業した老舗茶店。その八女茶の玉露を贅沢に練り込んだだけあって、いままで見たどの茶そばよりグリーンが濃くて鮮やかだ。素麺のようなモチモチツルツルの食感に、緑茶の清涼感が加わって、いくらでも食べられる感じ。

茶そばの始まり
調べてみると起源は意外と古く、江戸中期までさかのぼる。当時さらしな粉の製粉技術と「湯ごね」という製麺技術が発達したことが要因となって、さまざまな「創作そば」が生まれたらしい。茶そばもその一つ。
当時の人たちは味の変化だけでなく色の変化を楽しんだ。さらしな粉の「白」、海老切りの「赤」、茶そばの「緑」で三色、これに胡麻切りの「黒」と玉子切りの「黄色」が加わて5色そばとなり、様々な行事や縁起物として流行したと伝えられている。

LINEで送る
Pocket