• カテゴリー別アーカイブ 兵庫
  • 産地 » 兵庫
  • 姫路駅名物 まねきのえきそば

    【販売者】 まねき食品株式会社(兵庫県姫路市)
    【特徴】 中華麺に和風だし。昭和24年から続く姫路の名物。
    【購入価格(税込)】 1,080円(85g×3束、スープ、天ぷら付)
    【原材料(めん)】 小麦粉、食塩、かんすい
    【茹で時間】 4分
    【管理人のコメント】 前回投稿した「本耶馬渓 蕎麦ラーメン」は、ラーメンと言いながら、そば粉が30%以上入った立派な干しそばだった。対照的に、こちらは「えきそば」と言いながら、そば粉がまったく入っていない中華麺だ。したがって干しそばではなく「またルール違反!」と叱られそうだが、とても興味深い商品なのでお許しいただきたい。
    まねき食品は明治22年に姫路駅構内で弁当、茶の販売から創業。経木の折箱に入れた「幕ノ内弁当」を日本で最初に販売した駅弁界のレジェンド企業だ。
    同社が昭和24年に姫路駅のホームで「中華麺に和風だし」というミスマッチなメニューを出すとたちまち好評を得て姫路の名物となった。本商品はその「えきそば」をお土産にした商品。
    麺は柔めでもちもち。かんすいの香りがいい。粉スープはお湯で溶くだけでなく、必ず十分に沸騰させよとの説明。お店の味を出すために大切とのこだわり。塩分が強めだが天ぷらが溶け出して美味しかったので、全部飲んでしまった。


    1949年(昭和24年)誕生の「えきそば」 終戦後、何もない混乱期に統制品であった小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉をまぜたそばを販売、その後試行錯誤の結果現在のかんすい入りの、中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生しました。昭和24年10月19日に「えきそば」と名付けられ、立ち売りの販売方法をへてホーム上の売店へと発展してきました。
    現在は、メニューも増え忙しいビジネスマン・学生・昔からの「えきそば」ファンに親しまれております。
    (まねき食品株式会社ホームページより)


  • 夜久野そば

    【製造者】やくの麺業株式会社(兵庫県朝来市)
    【特徴】国内産の蕎麦をまるごと挽き込んだ香り高いそば粉を使用。国内産山芋を使用しておりコシとのど越しが抜群。
    【購入価格(税別)】 450円(300g入、@1,500円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、山芋粉末
    【茹で時間】 5~6分
    【管理人のコメント】 京都府と兵庫県の県境に位置する火山灰からなる夜久野高原はかつて良質の蕎麦の産地で「夜久野そば」は出石そばと並んで但馬の名蕎麦として有名だった。この商品は鳥取産ほか国内産のそば粉を用いて、かつての夜久野そばの伝統的製法で作ったとしている。

    余談ですが、
    干しそばの袋は素朴なデザインが多い印象があるが、この商品は少々派手で慣れたプロのデザインだ。「ふる里の味と香りや夜久野そば」というフレーズも見事に五七五でうたっている。


  • 石臼挽き 姫蕎麦

    【製造元】 高尾製粉製麺株式会社(兵庫県姫路市)
    【特徴】 兵庫県産のそばを石臼挽き。細身でシャキッとした食感。
    【購入価格(税別)】 300円(230g入、@1,304円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、食塩
    【茹で時間】 4分30秒
    【管理人のコメント】 貴重な兵庫県産のそば粉が使われているのはうれしい。そうめんのように細い麺。上品な風味と触感。


  • 出石そば

    【製造元】 東亜食品工業株式会社(兵庫県姫路市)
    【特徴】 兵庫県推奨優良特産品。国内産そば粉、国内産山いも使用。
    【購入価格(税別)】 450円(360g入、@1,250円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、山いも、食塩/加工澱粉
    【茹で時間】 5分
    【管理人のコメント】 そばの生産量が非常に少ない関西において兵庫県はそこそこ生産しており「出石(いずし)そば」の呼び名は有名だ。出石そばの伝来は、1706年に信州上田から国替えになった仙谷氏が蕎麦職人を伴って入石して広げたらしい。
    山芋が多いためか喉越しがとてもよく腰もある。


  • 大盛り出石そば

    【製造元】田靡製麺株式会社(兵庫県姫路市)
    【特徴】甘皮を多く挽き込んだそば粉を使用
    【購入価格(税別)】321円(5人前500g入、642@円/kg)
    【原材料】そば粉、小麦粉
    【茹で時間】5分
    【管理人のコメント】麺の黒さに反して食感は意外となめらか。それでいてボリューム感ある食感。コスパ一番。