• カテゴリー別アーカイブ 北海道
  • 産地 » 北海道
  • 札幌長命庵の韃靼そば

    【販売者】 札幌長命庵(北海道札幌市)
    【特徴】 自社農園で栽培した「満天きらり」を自社で石臼製粉し湧き水で製麺。
    【購入価格(税込)】 700円(300g)
    【原材料】 北海道産韃靼そば粉(5割)、北海道産小麦粉(ハルユタカ、チホク)、食塩
    【茹で時間】 5~6分
    【管理人のコメント】 干蕎麦日記史上4つめの韃靼そばになる。韃靼そばは健康成分であるルチンやケルセニンがたくさん含まれているため独特の苦みがあり、別名「苦そば」と呼ばれる。しかしこの干しそばに使用されている北海道産「満点きらり」は品種改良によって苦味が抑えらているという。
    茹でると若干太目になりモチモチ系の食感。つゆをつけずに咀嚼すると微かな苦味が感じられる。黄色く濃厚なそば湯も美味しくいただいた。
    健康食品として注目を集めている韃靼そばだが、提供するそば店は多くはない。
    オール北海道産の原料で、安心且つ最上級の韃靼そばを手軽に味わえるのは、また干しそばの良いところだ。

    「韃靼そば」とは
    その由来は1840年頃ドイツの植物学者ゲルトネルが命名した「タタール人のそば」という意味の学術名から来ている。モンゴルに住んでそばを栽培していたタタール人を表す「韃靼(ダッタン)」という漢字を用いて、日本では韃靼そばと呼ばれるようになったと言う。
    韃靼そばは普通のそば粉の100倍ルチンが含まれている。ルチンのポリフェノールは抗酸化作用のほか、血圧や血糖値を降下させ、血栓を防いで血流をスムーズにするため、高血圧や動脈硬化などを改善し、糖尿病の予防効果もあるとされている。茹で汁が黄色いのはルチン(フラボノイド系天然色素)が流れ出したもの。

    LINEで送る
    Pocket


  • 利尻昆布そば

    【販売者】株式会社佐藤商店RF(北海道利尻郡)
    【特徴】 自然乾燥なので腰の強い乾麺。利尻富士町「昆布屋 みなみ」の厳選昆布使用。
    安心安全な北海道産小麦に北海道産玄そばを1本挽き・粗挽きしたそば粉で風味倍増。
    【購入価格(税別)】 450円(160g入、3,875円/kg)
    【原材料】 小麦粉(北海道産)、そば粉(北海道産)、小麦蛋白、昆布粉末(利尻産)食塩
    【茹で時間】7分
    【管理人のコメント】 高級昆布の産地・北海道利尻からユニークな干しそば。いきなり余談だが、「利尻昆布」とは品種名なので、利尻以外の地域でも利尻昆布は採れている。利尻昆布そばは、昆布だけでなく原材料はオール北海道産だ。
    海藻入りの干しそばは意外と珍しくない。ふのり、もずく、めかぶ、あかもく入りなどがあげられる。食べる前は海藻の強い風味を期待したが、ほんのりと香る程度だった。つるつるもちもちとした食感は恐らく昆布の効果。冷麺のように調理するのもアリだと思う。

    佐藤商店 二代目店主の直筆コメントが添えられていて、温かい気持ちになる。
    LINEで送る
    Pocket


  • セブン&アイ プレミアム そば

    【製造者】 藤原製麺株式会社(北海道旭川市)
    【購入価格(税別)】 178円(360g入/494円/kg)
    【特徴】 二種のそば粉をブレンド。風味のど越し歯切れの良さが引き立つそば。
    【原材料】 小麦粉、そば粉、食塩、小麦たん白
    【茹で時間】 4~5分
    【管理人のコメント】 同じ商品でもお値段が少し高めの印象があるコンビニだが、この干しそばは安い。その割にバランスがとれていて美味しい!
    以前投稿した西友の「みなさまお墨付き のどごしなめらか 信州そば」もそうだったが、大手企業の開発力を感じる商品だ。

    セブンプレミアムとは
    セブンプレミアムは、セブン&アイグループ独自の商品として2007年5月に誕生。グループ各社の開発担当者が結集しそれまで価格中心に作られることが多かったプライベートブランドの常識をくつがえし、お客様に提供する価値を重視した安全・安心な「プライドブランド」です。(セブンプレミアム向上委員会ホームページより)

    LINEで送る
    Pocket


  • 根昆布そば

    【製造者】 株式会社マルワ製麺(北海道網走郡)
    【特徴】 海の香りがほんのりとするそば。北海道生まれにこだわって厳選した素材に、職人の伝統の技を加えて、四季折々、美味しく召し上がれる麺。
    【購入価格(税別)】 600円(600g入、@1,000円/kg)
    【原材料】 小麦粉(北海道産小麦)、蕎麦粉、根昆布パウダー、食塩
    【茹で時間】 3~5分
    【管理人のコメント】 乾麺は荒々しく見えたが、茹で上がりは滑らかで薄緑がかって美しい。噛み締めるとしっかり昆布の香りがして美味しい。一束60gなので、食べたい分量に合わせやすい。
    同社は上質な「ひでちゃん小麦」使って農林漁業の6次産業にも取り組んでいる。干しそばにとっても小麦粉の質は重要なことだ。また、根昆布そばの同シリーズで、うめそば、よもぎそば、わさびそば、胡麻そば、くま笹そばもあるそうだ。うめそば以外は全部試したい。

    ※農林漁業の6次産業化とは
    1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組。

    LINEで送る
    Pocket


  • 発芽 誉そば

    【販売者】 有限会社中一産業(北海道中川郡)
    【製造所】有限会社池田商店(長野県上水内郡)
    【特徴】 北海道中川町産そば粉全量使用。信州そば処榑木野監修。
    【購入価格(税別)】 550円(240g入、@2,292円/kg)
    【原材料】 そば粉、小麦粉、小麦たん白、食塩
    【茹で時間】 5~6分
    【管理人のコメント】 中川町はそばの一大産地である上川地方の最北部に位置する。そこで収穫した玄そばの外皮を0.5~1ミリ発芽させた「発芽そば」は、GAVA(※)とルチンが普通のそばの100倍含まれており、高血圧や動脈硬化の抑制に効果がある。その他にも腸内フローラの活性による便秘の解消など、様々な健康効果を生むスーパーフードだ。
    その「発芽そば」を使った干しそばは、上品な甘さと風味、餅のようなコシを生むという。
    極細麺で折れやすく取り扱いに気を遣う。茹で上がりは上品な佇まい。並みの干しそばでない。
    この商品は東京の京王線下高井戸駅近くにある、北海道中川町交流サテライトスペース「なかがわのなかがわ」というお店で購入した。このお店は都市圏のお客様に、北海道中川町の観光・イベントの概要を紹介し、産業の振興と雇用の創出、特産品開発・販路開拓・ふるさと納税のきっかけとなる場所を創出することが目的とのことだ。

    ※GAVA(ギャバ)とは
    γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略で、植物や動物・人間の体内にも広く存在する天然アミノ酸のひとつ。
    ギャバには、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」がある。脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしている。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらす作用がある。現代人に不足しがちなことから、この効果をうたったチョコレートなども販売されている。

    LINEで送る
    Pocket


  • うらうす名産 手のべ ぼたんそば

    【製造元】 有限会社 滝の糸大澤製麺(北海道滝川市)
    【販売元】 株式会社北海道アグリマート(北海道樺戸郡薄浦町)
    【特徴】 「ぼたんそば」は最も古い北海道推奨の在来種で風味がよく甘みがある。
    【購入価格(税別)】 380円(180g入、@2,111円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、食塩、食用植物油
    【茹で時間】 3分~4分
    【管理人のコメント】 茹でる前から赤みをおびたと色とザラリとした手触りが、他の干しそばと一線を画している。
    茹でているときに甘く香ばしいクッキーのような匂いを放つ。
    茹で上がりはピンと張りがあり、噛むと旨味と甘みがにじみ出る。飲み込んだ瞬間香ばしさが鼻を抜けていく。
    そば湯は意外と薄いが美味しくいただいた。
    満足感100%の干しそばだった。

    「牡丹(ぼたん)そば」はそばの品種名。道内で古くから作付けされていたが、背が高くて倒れやすく栽培が難しい、収量が少ないなどの理由から、その改良種である「キタワセソバ」が主流となり絶滅の危機に瀕していた。
    他品種に比べて味や香りが優れていることから、浦臼町が地域を挙げて栽培技術の向上、品質の改善に取り組んでいる。しかし現在も生産量が少なく「幻のそば」と呼ばれている。

    LINEで送る
    Pocket


  • 地湧の里そば 塩狩峠

    【製造者】マルカワ製麺(北海道上川郡)
    【特徴】厳寒の地北海道産玄そばの一本挽き。自然乾燥なので腰強い。食塩も安心の天日塩。
    【購入価格(税別)】 700円(500g入、@1,400円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、天日塩
    【茹で時間】 10分
    【管理人のコメント】 特段太くないが湯で時間がまさかの10分。少し疑って数分おきに固さを確かめながら茹でた結果、10分は適正な茹で時間だった。蕎麦の成分は湯に溶け出しやすいので一般的に茹で時間は短いほうが良いと聞く。
    茹で上がりは麺が立っていて食感が野性的でいい。モチモチではなくザクザクといった感じだろうか。語彙力が乏しく伝えづらいが、今までにない干しそばだった。
    パッケージの「塩狩峠記念館」は、三浦綾子旧宅を復元、小説「氷点」執筆の部屋や小説・映画「塩狩峠」に関する資料などが展示されている。
    所在地:〒098-0125 北海道上川郡和寒町字塩狩543

    LINEで送る
    Pocket


  • えごまそば

    【製造者】マルカワ食品(北海道上川郡)
    【特徴】成人病の予防やダイエットに効果が期待されるDHA、アルファリノレン酸が豊富な剣淵産の「えごま」を北海道産小麦と剣淵産そば粉にミックス。えごまは自家焙煎、小麦は人気の春まき小麦、そば粉は粗めの自社製粉で蕎麦の風味を出した。えごまの油分で喉越し良し。
    【購入価格(税別)】 330円(200g入、@1,650円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、小麦蛋白、えごま、天日塩
    【茹で時間】 10分
    【管理人のコメント】 茹でているときに香ばしい油の香りがする。茹で上がりを洗うとその香りは消えたかと思うと、飲み込んだ直後に返ってくる。とても滑らかで弾力がある食感。北海道産の原料だけで作った健康と楽しさと上質の3つを兼ね備えた商品。
    老婆心ながら茹で時間は9分以下がよろしいかと、、、。

    LINEで送る
    Pocket


  • 江丹別そば

    【販売者】 藤原製麺株式会社(北海道旭川市)
    【特徴】北海道の中央、大雪山の麓に位置する江丹別は、そば栽培に最適な気候により、周辺の地区とともに玄そばの産地となっている。
    「江丹別そば」はほのかな甘みと豊かな風味が特徴の逸品。
    【購入価格(税別)】185 円(250g、740円/kg)
    【原材料】小麦粉、そば粉(江丹別産)、小麦たん白、食塩
    【茹で時間】4~5分
    【管理人のコメント】 旭川市は幌加内町、深川市に次ぐ道内のそばの産地であり、その大部分を人口わずか300人足らずの江丹別地区で生産している。また江丹別では畜産業も盛んで乳製品でも有名。
    藤原製麺さんの商品で「幌加内そば」とはそば粉の産地の違いだけであり、純粋な食べ比べとなった。両社はかなり似た食感、風味でありながら、違った点は「甘み」だった。江丹別そばは、そばつゆを付けずに食べた瞬間「甘い!」と感じた。上質でありながらこのお値段は嬉しいが、残念ながら東京で手に入れるには送料がかかる。

    LINEで送る
    Pocket


  • 北海道 韃靼そば

    【製造元】マルカワ食品(北海道上川郡)
    【特徴】ルチンいっぱいの北海道産の韃靼そば粉と北海道産そば粉をミックスし
    自然乾燥でじっくり寝かし腰の強いものにしました。韃靼そば粉の苦味も抑えています。
    【購入価格(税別)】270円(200g入、@1,350円/kg)
    【原材料】小麦粉、そば粉(北海道産)、韃靼そば粉(北海道産)、食塩
    【茹で時間】5~6分
    【管理人のコメント】 韃靼そばは普通のそば粉の100倍ルチンが含まれている。ルチンのポリフェノールは抗酸化作用のほか、血圧や血糖値を降下させ、血栓を防いで血流をスムーズにするため、高血圧や動脈硬化などを改善し、糖尿病の予防効果もあるとされている。茹で汁が黄色いのはルチン(フラボノイド系天然色素)が流れ出したもの。
    茹で時間を5分半にしてみたら芯を感じるくらい硬めだった。パスタ同様好みだと思うが、個人的にはこのくらい硬くてもOK。風味は普通のそばとあまり差が無く食べやすい。

    LINEで送る
    Pocket


  • 幌加内そば

    【販売者】 藤原製麺株式会社(北海道旭川市)
    【特徴】そばの生産量有数の幌加内は、北海道でも寒暖の差が激しい場所。その厳しい気候と大自然に恵まれた大地が良質のそば粉を育んでいる。「幌加内そば」は少し太めの田舎風そばの香りが楽しめる味わいに仕上げた。
    【購入価格(税別)】185 円(250g、740円/kg)
    【原材料】小麦粉、そば粉(幌加内産)、小麦たん白、食塩
    【茹で時間】4~5分
    【管理人のコメント】 幌加内は1970年代に米の減反政策が始まってから、そばの作付面積を増やし続けて1980年に日本一になった。量だけでなく栽培から加工まで、良質なそばの産出条件に恵まれている。今では「日本一のそばの里」と呼ばれている。
    1袋(多分2人前)250gは多めで食べ応えあり。麺の色が少し変わっていて、食べてみると今まで食べた中で一二のもちもち系。香りもよく申し分ない。いろんな面で「さずが北海道!」と思える商品。

    LINEで送る
    Pocket


  • 新得 町民そば

    【製造元】 新得物産株式会社(北海道上川郡新得町)
    【特徴】 新得町そばの里公園内の近代的な工場で作られ、製造にあたっては自然に最も近い冷風低温乾燥(製法特許)で仕上げられ、風味食感を大切にしています。
    【購入価格(税別)】 275円(200g入、@1,375円/kg)
    【原材料】 小麦粉、そば粉、食塩
    【茹で時間】 5分~6分
    【管理人のコメント】 北海道展で購入。恐らくそばの含有量は半分くらいだと思うが、材料が上質なのであろう。とても美味しい。茹で上がりはちょっと太めで、もりもり食べる感じ。蕎麦湯も美味しかったし良い商品。
    新得町は蕎麦の歴史が120年あり「そばの里」としてPRしているようです。
    sobanosato in tokachi 新得町

    LINEで送る
    Pocket


  • 元氣蕎麦 十割無塩

    【製造元】 山本食品株式会社(長野市長野市)
    【販売元】 はな農場(北海道上川郡新得町)
    【特徴】 農薬、化学肥料を使用せず栽培した、北海道新得町産そば粉で作った十割蕎麦。
    【購入価格(税別)】 650円(200g入、@3,250円/kg)
    【原材料】 そば粉
    【茹で時間】 5分茹で1分蒸らし
    【管理人のコメント】 近所の広場で行われていた北海道展で、生産者(はら農場さん)から直接購入。新そばとのこと。製麺所は長野の山本食品。十割の干しそばを作れる会社はあまりない。
    茹で汁がほんのりと黄色く染まり、新そばに偽りがないことを示している。
    食べてみると感動!今までにない爽やかな香りを感じた。干しそばの可能性がまた広がった。
    お値段は過去最高!

    LINEで送る
    Pocket


  • 早ゆでそば

    【製造元】 藤原製麺株式会社(北海道旭川市)
    【特徴】 2分早ゆで、極細麺
    【購入価格(税別)】 98円(180g、@544円/kg)
    【原材料】 小麦粉(国内製造)、そば粉、食塩(一部に小麦、そばを含む)
    【茹で時間】 2分
    【管理人のコメント】 2分早ゆでなので麺は極細になり、茹で上がりはもったりして、博多ラーメンの麺を少し柔らかく茹でた感じ。麺の色は濃く見た目はとても美味しそう。何と言っても早く食べられるのがいい!

    LINEで送る
    Pocket